2017514日に開催します第6回千葉心エコー図懇談会の内容は下記の通りです。
勉強会ページの案内状とともにご参照下さい。皆さまの参加をお待ちしております。

 ハンズオンセミナーは初心者の方を対象とした内容といたしました。
きれいな基本断層をどうしたら出せるのか、標準的な計測方法やその注意点を確認しましょう。

ランチョンセミナーではGEヘルスケア・ジャパンの新しい心エコーvividの紹介をしていただきます。

お昼ごはんの後はちょっとしたお遊びを楽しみましょう。
ハンズオンで使用したvividに同じ画像の4ch2ch viewを用意しますので、当日参加していただいたみなさん全員でMODによりLVの計測をしてみましょう。どのくらい計測値に差が出るか、とても興味がありますね~!

当日のメインイベントは片岡先生の特別講演です。
TAVIが多く行われるようになってきた中で、心エコーは何を考えながら検査を行えばいいのでしょうか?
今からとても楽しみです。

もう一つのテーマとして拡張能評価を取り上げます。
昨今心エコーによる拡張能評価がわかりにくくなってきましたが、みなさんどうしていますか?
心エコーによる拡張能評価を基本から確認して、現状を考えてみましょう。

最後に皆さんに協力していただいたMOD計測データの解析結果を簡単にまとめて、今回の勉強会を終了といたします。